感動的な結婚式での演出方法で幸せな気持ちになろう!

感動的な結婚式での演出方法で幸せな気持ちになろう!

挙式の際に行える感動的なセレモニー

挙式の際に行える感動的なセレモニーと言えば、母親から花嫁に行ってもらうベールダウンと言うセレモニーです。ベールを降ろしてもらうことで邪悪な魔物から花嫁を守ると言う意味合いのあるセレモニーです。また、最後の支度をしてあげると言う意味合いもあります。ご両親が結婚をする時はこのようなイベントは行われていなかったので、両親からしたら感慨深いイベントに感じることでしょう。その他にも紅さしの儀といって幸せになってねと言う意味の口紅をつけてあげるセレモニーがあります。どちらも感動的な演出ですね。

ウエディングケーキを使った感動的な演出

ウエディングケーキはこれまでケーキ入刀のみの演出が多かったのですが、最近ではファーストバイトと言って新郎から新婦、新婦から新郎へ食べ物に困らせない、またはおいしいご飯を食べさせてあげますという意味を込めてケーキを食べさせあうセレモニーがあります。最近では新郎新婦のご両親も加わり、ラストバイトと言って母親から新郎新婦でケーキを食べさせてあげるセレモニーがあります。これまで食事を用意してくれたありがとうと言う意味が込められています。それからお手本バイトと言って両親による景気の食べさせあいもあり、なごやかな雰囲気の中でセレモニーが行われます。

手紙の後に両親に記念品を贈る

両親へのお手紙を読み終わった後に、両親の元へ行き記念品を送るときに、最近では子育て卒業証書や生まれた時の体重のお米やぬいぐるみを渡すセレモニーが大人気です。生まれたての我が子を思い出して涙する両親の姿が見受けられることでしょう。またサプライズムービーを用意して両親に感謝を伝える方法もあります。生まれてから結婚するまで一生懸命育ててくれた両親に感謝を伝える良い機会です。様々な演出を取り入れることで感動的な結婚式をしましょう。

鶴岡八幡宮で結婚式を挙げたいと希望している方が増えています。まずは事前に見学する方法がおすすめですから、二人のスケジュールを調整して訪れましょう。